日本語

トゥレイドゥマークサービスを申し込む

トゥレイドゥマークサービスを申し込む(もうこむ)
ステップ1
もしアメリカの商標出願(しょうひょう)を登録したら、下のアンケートを答えてください。アンケートを申し込むのは会社を雇いことではありません。

1.何のトゥゥマークをとうろくよていですか。たとえばワードマークかふつの文字か、
2.商標はロゴか、ワードマークか、ロゴとワードマークの組み合わせですか。
a。マークは、物品(ぶっぴん)を提供(ていきゅう)するために使用(しよう)されますか。
3b。マークは、サービスを提供するために使用されますか。
a。どのような製品(せいひん)と、同社は、マークを使用(しよう)して提供する予定ですか?
4b。どのようなサービスは、同社がマークを使用して提供するつもりですか
4c。アメリカの中で会社は商標を持っている物品を使うことがありましたか。もし、使うことがあったら、どのような物品を書いてください。
4d。アメリカの外で会社は商標を持っている物品を使うことがありましたか。もし、使うことがあったら、どのような物品を書いてください。

5。同社はまだ、製品(せいひん)かサービスを販売 (はんばい)していますか?

6。同社はいつから製品かせービスを提供しましたか。

7。誰がマークを所有 (しょゆう)しているのですか?所有者の市民権は何ですか?

8。パーマネントアドレスと所有者の連絡先情報とは誰ですか?

9。お客様がタグを持っていますか、商業的に使用されるラベルは?パンフレットや写真、広告。
   
10。マークの使えを示している (しめす)ウェブサイトがありますか?

11。もし何かあったら、誰がこの問題に連絡がいいんですか。
ステップ2:私たちはお客様のケースを議論(ぎろん)するために電話やメールでお客様に連絡しようとします。 十五分の最初の相談 (そうだん)は無料であり、お客様の商標を申請(しんせい)する方法を議論する機会(きかい)を持つことになります。
リテーナー契約 (けいやく)
1.商標出願の弁護士費用(ひよう):申込書とマークと登録と検察は弁護士費用の中に含めます(ふくめる)。最初のクラスは定額料金の九百五十ドル($950)。その後各クラスは四百二十五ドル($425)。弁護士費用の中にもオフィスアクションを含めます。しかし、商標審判部、TTABと言う略の関係があることは弁護士費用の中に含めません。それに出願料も特許維持料(とっきょいじひ)にも含めなくて、別の費用がいります。

2.登録の前に米国特許商標局費用:(現在料)
週顔料(ていしゅつ)(する時には$275 各クラス):週顔料は商標管理間のために払わなくてはいけません。
使えの声明使用は($200各クラス):提出する時にもしマークはまだ商業(しょうぎょう)に使っていないなら、使えの声明使用がいります。

3.もしアプリケーションを断らないなら、商標がオフイスアクションと言うの文章(ぶんしょう)を弁護士に送ります。それから、弁護士はオフイスアクションを答えてケースを主張します。定額料金は準備からオフイスアクションまでを含めます。それに定額料金はオフイスアクションだけでわなくて、審査官(しんさかん)と電話で話し合いもふくめます。定額料金はすべての答えをふくめます。しかし、もし審査官から断らない最初のオフイスアクションを貰って、拒絶査定不服審判をしなかればなりません。国際法か慣習法を探していないから、拒絶査定不服審判はこのリテーなー契約の定額料金の中には含めません。
同社は商標登録を取得しようとするために最善の努力を採用します。最高裁で判例法の変更、及び審査官の割り当てなど、さまざまな要因、さまざまなクライアントが最終的に取得し、または取得しないことを権利の範囲に影響を及ぼす可能性があります。クライアントが原因で出願又は登録の訴えている場合、それはこの契約の下でカバーされていない別の作業を進めるだろう。連邦裁判所または控訴商標審判部のTTAB手続時および商標に関連する他の連邦裁判手続は、個別リテーナーが必要になります。典型的には、すべての商標出願の5%未満、訴訟に終わる。
もしクライアントはクライアントを訴える潜在的な競争相手を知っている場合、クライアントは事前に弁護士に通知してください。弁護士が知っているなら、競争相手とについてこうしょうすることができます。

4。クライアントに守秘義務(しゅひぎむ)があります。特に発明、技術、プロセス、企業秘密などがクライアントと弁護士の守秘義務契約があります。職業倫理に従って弁護士と同社員は秘密情報を公開しません。クライアントは登録前に商標を使っている写真を弁護士に出してくれます。そのような証拠写真は、USPTOのウェブサイトに公表されます

5。下記の金額は、このウェブサイトを経由して支払いを送信することによって、このリテーナー契約の条項に同意したことになります。すべての料金は払い戻しできません商標申請が承認されていない場合でも。アプリケーションは、唯一の完全な支払の後に提出されます。
下記の金額はこのウェブサイトを経由して支払いを送信するすることによって、このリテーナー契約の条項に同意したことになります。すべての料金は払い戻すことができません。商標申請が承認されていない場合でも。あと完全な支払場合だけ申請を提出されます。

ステップ3:リテーナー契約を受諾したら、オンラインを支払えます。
お客様の商標申請を提出する準備ができて表示されて、詳細が確定して、会社を雇いしたい場合で、お客様はオンラインで支払らってください。それに私たちは郵便局でハードコピーかメールを送ってあえます。それなら、お様はボールペンで署名をお願いして、私たちに送ってくれませんか。つでにチェックか郵便為替も付けて送ってくれます。
お客様ために下に弁護士費用と出願は料合計を前もって計算されました。完全な支払場合だけ申請を提出されます。